多くの女性が結婚式などの際に礼節として着用することが多い和服ですが、レンタルしたりすることができるのでなかなか手をだすことができないとい人でも安心して購入することができます。
和服には着物や留袖などいくつかの種類があるのですが、その中でも留袖は既婚の女性が着用する最も格が高い和服と言われています。
着物の中でも第一礼装とされており、イブニングドレス同様の存在の和服とされています。

ただ、西洋のイブニングドレスドレスとは異なり、昼や夜に影響されることなくいつでも着用することができるとされています。留袖には大きく分けて黒留袖と色留袖の2種類が存在しており、それぞれで特徴が大きく異なっています。
黒振り袖は五つ紋が入った既婚女性の礼服として結婚式などで着用されることが多く、生地が黒で作られているのが特徴です。

生地の色が黒以外の留袖のことを色留袖と呼びます。色留袖は着用目的に応じて紋が異なっており、1つ紋や3つ紋などいくつかの種類に分けられます。
基本的に既婚女性が着用するための和服とされていることが多いのですが、近年は未婚女性が着用することも多くなっています。これは年齢層が高い未婚女性が大人の女性としての落ち着きを表すために着用することが多くなったことが原因だと言われています。
宮中では黒留袖ではなく、色留袖が採用されていることが多いです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2017年5月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031